【誇大妄想】どうせ死ぬなら最期にやってみたい願望をつらつら書いていく

f:id:k170215:20170330005344p:plain

もし余命いくばくもない宣告をされたら、人間てどうなるんだろう?

 これが年齢とか病気とかで徐々に弱っていて、本人も薄々わかっているケースなら、たいしてオタオタもしないと思うが、ある日突然「キミ、あと1ヶ月の命だから」って告げられたらパニックになるんじゃなかろうか。

俺はなると思う。

たぶん一瞬頭の中が真っ白になって思考停止状態になり、半開きの口のまま5分ぐらい固まってるだろう。

そして徐々に感情が乱れて最後には泣くんじゃないか。

一通り泣いたら、家に帰って二重本棚の後ろに隠してあるエロDVDやPC内のエロ動画やエロファイルを処分して、清廉潔白な好青年であった風を工作する。

太宰治の「人間失格」でも目に付くところに置いとこうかな。

それでもまだ1ヵ月間は猶予があるわけだから、どうしてやろうか?

人生の最期にやりたいこと

もし何でも夢が叶うっていうなら、俺が是非叶えたいのが女になることだ。

 それもブスじゃだめ。

美人で可愛くてスタイルもグンバツの、そうねえ例えるなら山本美月とか逢沢りなみたいな女になりたい。

そうなったらミニスカ&胸元開きの服で街を闊歩する。上半身はブラが薄っすら透ける白系で薄手のブラウスがいい。

※ブラウス:ブラジャーが薄っすらと見えることから付いた服飾用語(出典:日本の服飾なんでも辞典)

男どもの物欲しげな視線が一斉に俺に集まるだろう。

ああ、快感。

どいつもこいつも心の中では涎(ヨダレ)を垂らしながらも、顔はそしらぬ風を装ってやがる。

本当は俺に声の一つもかけたいんだろう?

わかってるって、男の考えることなんて全部お見通しよ。

でも、その勇気がないんだよな!?

だから、こっちが少し隙を作ってやるか。

そうねえ、こんなのはどう?

歩いてる途中で急にしゃがみこんで、何か気分でも悪いかのような素振りをする。

コレ、効くよ~。

ぜえったい3人ぐらい男が駆け寄ってきてこう言うんだから、

「どうしました、大丈夫ですか?」って(笑)

どうしたもこうしたも、オマエのためにやってやってんだよ。

群がって来た男の中から、1番自分がモテると勘違いしてそうな野郎を選んで目で訴える。

「気分が悪いの。助けてくれないかしら」

「ホテル」といえばヤルことしか頭に浮かばないバカ男

「スミマセンが、少し休みたいんです。ココまで連れてってくれませんか?」

「ココ」ってのはそこらで一等高いハイグレードホテルよ。

そこらの田舎者や貧乏人とは無縁の場所さ。

男ってバカだから「ホテル」って単語だけでもう勝手な妄想と股間を膨らませて財布のヒモがユルユルになる。

タクシーを拾わせてバカ高いホテルへ行き、そこのラウンジで1000円ぐらいするロイヤルミルクティーを飲みながら一休み。(もちろん、勘定は男持ち)

 俺みたいな美人がマクドナルドなんかで満足するわけないだろうが、田舎者!

俺とお茶したいなら最低でも1000円の紅茶が置いてあるところでなきゃダメなんだからな。

ひところ世間話をしたら気分も回復してきたんで、そろそろ席を立つわけだが、男もこの段階じゃ期待いっぱい夢いっぱいよ。

そのままフロントからホテルの部屋をとって・・・なんて考えてるんだろうが、そうは問屋が卸さない。

会ったその日に、ちょっと親切にしたからって舐めちゃいけない。

俺を誰だと思ってやがるんだ?

山本美月逢沢りなだぞ。

そこらに転がってる庶民クラスの女どもと一緒にするなって。

 連絡先を教えてやって次へつなぐ

一応「後日改めて、助けてくださったお礼がしたいから」とか何とか言って連絡先の交換をしてやろうかな。

といっても、その「後日」には高いフレンチコースをオマエの驕りで食べることになるんだが。

これで、3回ぐらいは引っ張れるだろう。

なんせ男は美人には弱いからな。

俺なら3回ぐらいまでならお預け食わされても我慢する。

これを10人ぐらいやれば1ヶ月ぐらいは食っていける。

この世で最強の権力は、美人の特権

男ってのはホントバカな生き物よ。

小難しい屁理屈並べてカッコつけてても、美人の前じゃただのオス犬以下のオス猿だ。

メス猿がこれ見よがしに振る真っ赤なケツに興奮して、キーキー雄叫びをあげながら群がるバカ猿ども。

メス猿は多くのエサを持って来た利用し甲斐のあるバカだけにヤラせる。

人間も同じだ。男はコーマンに弱い。

それを知ってか知らずか、女ってのはコーマンをエサにして男どもの鼻っ面をつかんで振り回す。

ただし見てくれが良い女限定な。

一度でいいから俺は「美人の特権」てのに浴してみたい。

フンて気取った顔で、男どもを勝手気ままにあしらう快感。

美人の人生がうらやましい。

財布の要らない生活。

誕プレにマンションがもらえる人生。

1円も払わずに手に入れたプリウスに金のかからないカードで給油してみたい。

誰か、こんな人間失格な俺の渇望を癒してくれ。

Kindle版0円です。 ↓ ↓ ↓