ブログで人生向上委員会

本家増田の記事をやれたかも委員会の月満子みたくディスってみる

なんか本家増田で話題になってる記事があったんで読んでみた。 

anond.hatelabo.jp

ホッテントリの上位に入ってた記事だったから敢えてあらすじは省く。

 この記事についたコメント群をみてると、本筋とは別のところで「創作or実話」のプチ論争があった。

春を売る商売といえば俺の専攻でもあるんで、黙って見過ごすわけにも行かずに一丁噛(いっちょかみ)しとく次第。

と言っても、まんまの話はまずかろうから、あくまで俺の「友達の友達から聞いた話」とでもしといてくれたらうれしい。

結論から言うと、俺的にはこの増田の判定は「Guilty(有罪)=創作」だ。

 理由は、ストーリーがキレイすぎるから。

まず東北出身てのが、いかにもな幕開けじゃないか。

こういう悲惨な話には東北がよく似合う。

これが沖縄出身だったらちょっと違和感が出てくるし、東京や大阪といった大都会の女の子なら「さもありなん」でパンチに欠ける。

幸薄い感の高い東北出身てのが舞台設定としてはドンピシャなわけ。

次に、父子家庭でオヤジがDV&パチンカスのkzってのもデキすぎ感がある。

「年収300万以外」って表現も巧い。巧すぎる。「生活保護です」って書くよりよっぽど読み手に刺さる。これがウリやってるメンヘラ女子大生の表現力だろうか?

しかも「進学したのは東京の大学」&「学費の安い国公立」ってぼかし方がなんとも歯がゆい。

ここで読み手は勝手に東大か一ツ橋を頭に浮かべてくれる。

東工大もあるが、おそらく世間的には『東京の大学+国立=東大』という方程式が強く働くんじゃなかろうか?

東北の田舎から上京してきた東大の女子学生。

これで一気にセンセーショナルな設定に箔がつく。

でも、ここで意地悪い俺はこう思うんだよ。

「オヤジがkzなナマポ家庭じゃ塾にも満足に行けなかったろうに、よく現役で東大合格したねえ」と。*1

しかも追記にあるように、この人って高校生の頃からバイト三昧な日々だったみたいだし。

いったい受験勉強はどうやってクリアしたのさ。

で、友達の友達が何ともいただけないって言ってたのが「1年生からオッサン相手に愛人やって月20万円」てクダリ。

友達の友達から聞いた話じゃ、これは???が付くところ。

通常、地方からの上京組がパパ活するのは業者を通してなんだが、そういうのは東京の生活にある程度は馴染んでからが普通。

入学早々、いきなり20万の仕事はナカナカとれないんじゃないか?

でもって「2年になったらオッサンに捨てられたから風俗で働いた」とのことだが、通常は業者が次を斡旋してくれるはずだよ。

女子大生ブランドがあれば少々ブスでも需要は高い。ましてや国公立大の才媛ともなれば尚のこと人気だろうて。

にもかかわらず次が居ないってのが腑に落ちない。(って友達の友達が言ってた)

もしかしたらパパ活は個人営業でやってたのかも知れないが、地方から出てきたばかりの18歳の女の子からそれは想像しにくいなあ。

後は、この手の話特有の泣き言や後悔がつらつら続くんだけど、そこら辺はもうどうでもいいところ。

俺はコレ、創作だと思うんだけどなあ・・・。

もっと言えば、おそらく書き手は男、年齢は30歳代。

職業はフリーターか無職で、性格は物静かだが内心はひねくれている。

自身も精神を病んだ過去があるかも知れない。が、おそらく軽度のノイローゼレベルだ。

もし本当だったら、ゴメンナサイだけどね。

アナタはどう思いますか?

PS:たった今入って来たNEWSによりますと、もしかしたら真実かも知れない可能性が2割ほど出てきました。本当だったら大変な失礼だから先に謝っとく。申し訳ありまへん。

【超関連記事】

k170215.hatenablog.com

*1:実際は東大以外かも知れないが、一ツ橋にせよ東工大にせよ同じ事が言えるだろう。