ブログで人生向上委員会

鬱病を治すためにやって実際に効果のあった方法を真面目に挙げていく

     「鬱病」の画像検索結果

以前、ウツ病になったことがある。

いつからそうなったのかは分からないけど、多分大学を出てもロクな仕事に就けず派遣やバイトで食つないでいた時期に徐々にそうなって行ったんだろうと思われる。

 気がついたらメンヘラ特有の昼夜逆転生活、食欲不振、偏頭痛、嘔吐、耳鳴り、被害妄想、視線恐怖・・・etc

だいたいこんな症状が軽重の差はあれど出始めていた。

年齢的には25歳前後だったろうか。

もし読者の中にウツ病で苦しんでる人がいたら、参考にしてみて欲しい。

ただし、こういうのは人によって効果の有る無しが分かれるようなんで、そこら辺は各自で考慮してください。

 精神科医のカウンセリングは無駄

最初に身体と精神の不調に気がついた俺は、怖々ながらも精神科クリニックへと足を運んだ。

精神科を訪ねることの不安やハードルの高さは実際にそうなってみないと分からないと思うけど、かなりの決断が要ったよ。

週に1回診察を受けに行って、併設されているカウンセリングルームで心理士みたいな人と30分~60分ほどお話をする。

1回の料金が3000円とか4000円だったと思う。

正直、金銭的にきつかった。

そのカウンセリングを3ヶ月ぐらい受けたんだが、効果はまったくナシ。

カウンセリングの内容といったら、子供の頃の親子関係だとか人生如何に生きるべきかといった哲学っぽい話、白紙に木の絵を描かされたり、鏡の前で笑顔の練習とか。

バカバカしい。

こんなの図書館に行けば、いくらでもその手の本が転がってる。

本を買えば1500円で済むところを毎回、毎回、その何倍もの金をとられるなんて割に合わない。

それぐらいの思考力というか判断力は残ってたから、途中から通うのは止めた。

ちなみにそこのカウンセラーは自分が(俺を)治してやったみたいな態度だったな。

俺が「最近調子がよくなって来て、なんか治っちゃったみたいですね。センセーのカウンセリングのおかげです」とか何とか(通院を止める布石として)言ったからだろうけど、患者の真の状態が見抜けないなんてシロウトと変わらない。あれでよく金とってるよな。

精神科医やカウンセラーなんていい加減なもんだ。

ただ困ってる人間の財布から金を抜き取ってる詐欺師だろ。

風俗とパチンコに通う日々

実家住みなので、基本的に衣食住の金がかからないのが幸いだった。

少ないながらも貯金のあった俺がとった行動は、風俗遊びとパチンコ。

派遣もバイトも全部辞めて、昼間っからパチンコ屋へ入り浸り。

調子が良ければ閉店まで遊んで、ダメなら夕方には切り上げて風俗店の夕方早割サービスへ行く。

家に帰ったらレンタルしてきたマンガを読んだり、ネットをしたりで明け方まで過ごす。

気が向いたら出会い系サイトで(当時流行ってた)「神待ち少女」と遊ぶ。*1

だらしない限りの生活。

kzの一言だ。

でも、そんなkz生活も俺なりの根拠があってのこと。

こころを患った経験のない人には理解しがたいかも知れないけど、メンヘラ状態の人間にとっては上記のようなkz生活がとても効果があるんだよ。(ケースバイケースです。念のため)

 特に男性の場合、性的な欲求解消は非常に効果があると思う。

 バイトの面接を予約しても行かない

これも効果あったなあ。

当日、面接予定の職場から店長らしき人からケータイがかかって来たらしめたもの。*2

ワザと悪態をついてやる。*3

「ああ?やっぱ(働くのを)嫌んなったんでえ~」

キャハハって感じの受け答え。

どこのバカギャルなんだよって感じ。

向こうがキレたら、こっちも思いっきり逆ギレで返す。

で、言うわけ。

「オマエ(電話の相手ね)、部下でもなんでもない俺にそんな偉そうな事言う資格あるんかよ、ああ?」

「採用されるまでは対等なんや、ボケが!」

「そっちだって採用不採用でバイトを選んでるだろうが。こっちだって職場選ぶ権利があるんじゃ、アホ!」

「今のオマエのセリフ録音してあっからな!本社*4に言うぞ、ボケ!」

我ながら無茶苦茶言ってると思う。

もちろん、悪いのは100%俺なんだってのは分かってやってる。

それがいいのさ。

スカッとしたなあ。

店長さん達には申し訳なかったけど、当時の俺にとってはあれが精一杯の生命維持活動だったんだ。

家族に「俺には一切干渉するな!」と厳しく言う

最後に家族について言及しておく。

実家住みの俺にとって、家族はほぼ毎日でも顔を合わせる人間達だ。

でも、あの人らには次のことを守らせた。

俺のやる事には絶対に干渉するな、と。

これも精神的に健康な人には分からないだろうと思う。

分かってもらおうとも思わないが。

中にはこう言いたがる人も居るかもしれない。

「キミみたいな状態だからこそ、家族の協力や愛情が要るんだよ。自分の殻に閉じこもってちゃいけないよ」*5

こういうのが1番ムカつくんだよな、悪いけど。

「そんなこと言えるだけの背景がオマエにあるのか?」って怒鳴りたくなる。*6

イヤ、分からなくていいんだよ。

俺の言ってることの方が異常だってわかってるから。

でも、当時の俺みたく精神的に参ってる人がいたら、これ読んで少しは楽になってくれるんじゃないかと思って書いた。

以上。

*1:ここら辺、くわしく書いた方が記事的には面白いんだろうけど、はてな的にはBANだと思うんで止めとく。察してください。

*2:何もなかったら、かえって寂しかった(笑)

*3:最初っから働く気なんてないからです。念のため

*4:実はたいていがコンビニなどのチェーン店が対象だった。

*5:正論。しかし前提条件として親子関係が正常でなければ意味がない。

*6:永ちゃんの名セリフをちょいと拝借しました。